「教えてもらう前と後」で紹介されたインソールの凄い効果

1月30日のテレビ番組「教えてもらう前と後」でインソールの凄さが紹介されていました。

(3月5日には「名医のTHE太鼓判」でもインソールの効果が紹介されました)

梅沢富美男さんが、インソールを使わなかったときには、人がちょっと揺すぶっただけでクラクラ

でも、足裏にインソールを置くと、揺すぶってもびくともしなくなりました。

最後には梅沢さんに人がぶら下がっても、シッカリと立っていることができたんです。

これには一同びっくり!!

これって、インソールを使うことによって、人が安定して立てること、

足裏のアーチがいかに重要

かを示しているんですね。

人は足裏のアーチ構造でしっかりと安定して立てるんです。

しかし、そのアーチ構造も年を取るとだんだん無くなってきます。

その足裏のアーチ構造を矯正するのが、靴の中に入れて使うインソールです。

梅沢富美男さんが使用したインソールは、もちろん本人の足の裏のアーチに合わせてあります。

そこで、テレビで使ったインソールとは違いますが、

自分の足の裏のアーチに合わせてブロックを入れて調整できる

世界的に有名なインソール

をご紹介します。

それが、ベアフットサイエンスのインソールです。

このブロックを入れかえて、足の裏のアーチ構造をもとの正しい状態に矯正してくれるんです。

興味のある方はこちらをクリック
>>【BarefootScienceインソール4段階初級用フルタイプ】

インソールが改善する足のアーチ構造とは

人間の足の裏は、親指の付け根、小指の付け根、かかとの3点を支点としたアーチ構造をしています。

そのアーチは土踏まずをアーチの頂点として、歩く時の地面からの衝撃を吸収すます。

これにより、足や腰などへのショックを和らげる役割を担っているんです。

また、アーチは歩く時の足の重心のスムーズな移動や、足のけりを作り出すバネの役割も担っているんです。

そして、このアーチがあるおかげで、縦や横の微妙な動きにもバランスをとることができるんです。

そのため、振動に対する安定やデコボコ道での歩行も可能になります。

足の裏のアーチ構造は人間にとって、重要な役割を担っているんです

このアーチ構造が崩れると、様々な症状が起こります。

極端な場合、偏平足となり、足底筋膜炎などの炎症を引き起こすんです。

ベアフットサイエンスのインソールは

この崩れたアーチ構造を回復するインソールなんです。

足のアーチ構造を復元する世界唯一のインソール

人間が立って生活するのに重要なのは足の裏のアーチ構造

ベアフットサイエンスのインソールは、このアーチ構造を復元することができるんです。

このインソールは人体工学に基づいた設計により、本来の自然なアーチ構造を持った足の裏に復元させます。

どうやって、アーチ構造を復元させるんですか?

・・・

その方法とは、

段階的にアーチブロックをインソールに入れてアーチの高さ上げること

この方法で、最適な足のアーチを作り上げていくんです。

このインソールは、1997年に初めてカナダで製造されました。

その後、アメリカやカナダの医師たちが10年以上の歳月をかけて検証と研究と重ねた結果

足のサイズに合った平均的なアーチ構造を算出して作った商品なんです。

だから、全世界23か国で特許を取得。

つまり、

世界が認めた唯一の技術

なんです。

特に、取得が難しいと言われるアメリカFDAにも登録されています。

そして、アメリカやヨーロッパ先進国で紹介され、既に100万個以上が販売されています。

詳細はこちらをご覧ください
>>【BarefootScienceインソール4段階初級用フルタイプ】

口コミ情報を徹底的に調べた結果

ベアフットサイエンスのインソールは、裸足で砂浜を歩くような自然で優しい履き心地です。

また、足の裏の悩みである偏平足や足底筋膜炎に効果があります。

そんなベアフットサイエンスのインソールの口コミ49件を徹底的に調べてみました。

なんと49人中46人(94% )が「特に良い」または「良い」と口コミしているんです。

94%が良い!

つまり、使った人のほとんどの人が良かったと言ってるんです。

しかも、悪いと言っている人が、たったの2人なのも驚くべき点ですね。

49人中

16人が偏平足(へんぺいそく)

11人が足底筋膜炎(そくていきんまくえん)

そして3人が外反母趾(がいはんぼし)で悩んでいました。

このほとんどの人に効果があったようですが、高評価の中にもいくつか不満点がありました。

その代表的な3点を紹介します。

・やっぱり、インソールとしては高価なこと

・インソールに高さの違うブロックを入れて矯正していきますが、ブロックを一つ一つ個別で購入できないこと

・そして、日本語による詳しい説明書がないこと

などです。

こうした不満があるにもかかわらず、評価が高いのは、やっぱり!!

リアルな効果があるからですね。

ベアフットサイエンスのインソールが特に効果のある症状とは?

ベアフットサイエンスのインソールが特に効果があると言われている3つの症状

「偏平足」
「足底筋膜炎」
「外反母趾」

について説明します。

■偏平足とは

扁平足とは、土踏まずが無い足のことを言います。

人間は体重をかかと、親指の付け根、小指の付け根の3点でアーチ状にさせています。

このアーチが全身のバランス維持と、歩行の衝撃を吸収してスムーズな歩行を可能にしています。

従って、このアーチ無くなり偏平足になると、歩き方が変わり、

痛みを感じたり、外反母趾やうおの目、タコ、あるいは巻き爪などの症状の原因となることがあると言われています。

【偏平足】
出典「wikipedia」

■足底筋膜炎(そくていきんまくえん)とは

足底筋膜と言われる薄い膜のような腱が、かかとから足の付け根まで張っています。

この腱が使いすぎたり、年齢により、ひびが入り炎症を起こした症状を言います。

症状が長引くと、足底筋膜の付け根にあるかかとの骨が、とげのように大きくなり、痛みが増します。

【かかとにできたとげのような骨】

出典「wikipedia」

■外反母趾(がいはんぼし)とは

親指が小指側に曲がって変形した状態をいいます。

かかとの高い靴を履く女性に多く、特に足に合わない靴を履いている場合になりやすいと言われます。

【曲がった親指】

ベアフットサイエンスの口コミ情報

ベアフットサイエンスのインソールのリアルな口コミ情報を紹介しますね。

「立ち上がる時に激痛がはしり、歩く時も、足を引きずらないと歩けない状態でした。

足底腱膜炎と診断されてから1ヶ月の間、痛みを感じながらの日々を送っています。

足底腱膜炎専門の整体にも通っていますが、「騙された」と思って、

このインソールを購入しましたが、日に日に痛みが引いていくのがわかります。

足底腱膜炎で悩みの方、ぜひお薦めしますよ!

「仕事柄普通の人より多く歩きますが、とにかくかかとが痛くて仕事が終わるとアイシングをして、寝るときはシップを貼っていました。

それでも良くならず、病院にも行きましたが改善できず、騙し騙し仕事をしていましたが、

ネットで足底腱鞘炎を検索したらこのインソールを見つけました。

ダメもとで購入しましたが、痛みが段々なくなり…今ではこれなしには、仕事が出来ません。」

「足底筋膜炎と診断されてから1年間、色々なインソールを購入しましたが、一番良かったのがこれでした。

アーチの高さを調整できるのがとても良いです。

ベアフットサイエンスのインソールを試してから、ジョギングしても踵がウォーキングをしてもかかとが痛くなりません。

足底筋膜炎で悩む方に、ぜひ使って欲しいです!」

「価格が高くて、少し悩みましたが、かかとの痛い方はぜひ試してください。

立ちっぱなしの仕事なので試しに購入しました。

まだ、たまに痛みはありますが、毎日痛みに耐える必要は無くなりました

快適な毎日を送っています。」

多くの人に好評なベアフットサイエンスのインソールですが、購入は通販サイトがお得です。

目的に合わせた用途とサイズから選んでください。

【BarefootScienceインソール4段階初級用フルタイプ】

3月5日のテレビ番組「名医のTHE太鼓判」でインソールの効果が紹介

3月5日の「名医のTHE太鼓判」一生健康で歩ける足を作ろう!

で足のトラブルについて取り上げられました。

足の名医は桑原先生といい、足の専門医として有名です。

番組の中で、早見優さんは「偏平足」、元宝塚トップスター紫吹淳さんはハイヒールで外反母趾が悪化していることなどが指摘されました。

「偏平足」は足のアーチが崩れ、土踏まずがつぶれてしまった状態です。

特に、偏平足は体のひずみを引き起こし、痛みやだるさなど体に様々な問題を引き起こします。

足のアーチ構造の崩れは、体を歪ませてバランスを崩し、知らず知らずのうちに体の様々な部分にストレスを与えるんですね。

この足のアーチ構造を人間の本来の正しい位置まで矯正することによって、

足の崩れを矯正し、姿勢も歩き方も改善することができます。

この足のアーチ構造を取り戻すのに、段階的に高さが調整できるベアフットサイエンスのインソールが最も効果的なんです。

世界が認める唯一の技術「ベアフットサイエンス」の詳細はこちら
>>【BarefootScienceインソール4段階初級用フルタイプ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする