【成分に注目!】フレイスラボ ホワイトVCセラムは敏感肌にも使える?

フレイスラボ ホワイトVCセラムは敏感肌でも大丈夫でしょうか?

敏感肌ってどんな肌?

敏感肌が避けるべき成分は?

成分に注目して、フレイスラボ ホワイトVCセラムの敏感肌への影響を調べました。

敏感肌の人は必見です。

フレイスラボ ホワイトVCセラムは敏感肌にも使える?

フレイスラボ ホワイトVCセラムには、敏感肌に負担になるような成分は基本的に入っていません。

更に、8つの無添加を実現しています。

<8つの無添加>
・合成着色料
・合成香料
・鉱物油
・石油系界面活性剤
・紫外線吸収剤
・パラベン
・エタノール
・旧指定成分

肌に悪影響が考えられる成分は徹底して排除されています。

よって、フレイスラボ ホワイトVCセラムは敏感肌の人でも安心して使用できます。

ところで、敏感肌ってどんな肌?

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下して、外部からの刺激が受けやすく、

かゆみや炎症を起こしやすい肌の状態のことです。

化粧水をつけるとピリピリしたり、赤くなったりします。

冬の乾燥したときには、特に肌がツッパたり、カサカサした肌の荒れた状態になります。

バリア機能が低下しているので、肌内部の水分が減少しやすく、乾燥肌になることもあります。

敏感肌が避けるべき成分

敏感肌は、バリア機能が低下しているので、外部の刺激が受けやすくなっています。

従って、刺激のある成分は避けるべきでしょう。

まずは、エタノールやメントールなどのアルコール系はスーッとした清涼成分が敏感肌を刺激するので避けて方が良いでしょう。

化粧品には、美容成分以外にも「防腐剤」「香料」「着色料」などが含まれています。

「防腐剤」「香料」「着色料」は3大かぶれ成分といわれるなど、敏感肌には避けたい成分です。

防腐剤の代表的なものがパラベンです。

化粧品に使用されているパラベンは、基本的には安全が確認されているはずですが、

人によっては刺激を感じることがあるので、敏感肌の人は避けたほうが良いでしょう。

日焼け止め化粧品に入っている「紫外線吸収剤」も敏感肌の人は避けたい成分です。

今は、敏感肌用に紫外線吸収剤フリーのものも多く販売されています。

また、石鹸やシャンプーに使われている界面活性剤も、今では研究されて人に優しいものが作られていますが、

肌が気になる場合には避けたほうが良いでしょう。

鉱物油は、液状で皮膚への浸透がほとんどありません。

そのため、皮膚上の汚れを除去するのに使用されたり、

潤滑性があるので、マッサージクリームなどの成分として使用されています。

鉱物油は以前は、不純物を含む粗悪品が使用されていたことがあり、

肌に悪いイメージがありますが、今では安全性の高いものが使用されています。

これらの成分は、今では技術も進歩して肌に安全な成分として配合されています。

しかし、今でもこれらの成分の無添加をうたっている化粧品も多く、

やはり、以前の悪いイメージが残っているのでしょう。

敏感肌の人は、肌のバリヤ機能も劣っており、外部の刺激に対して非常に弱くなっています。

一つ一つの成分の良い、悪いを判断することは難しいと思いますので、

できれば、こうした成分を含まない化粧品を選択したほうが無難と言えるでしょう。

フレイスラボ ホワイトVCセラムの成分は敏感肌には危険?

フレイスラボ ホワイトVCセラムは、次の8つの無添加を実現しています。

<8つの無添加>
・合成着色料
・合成香料
・鉱物油
・石油系界面活性剤
・紫外線吸収剤
・パラベン
・エタノール
・旧指定成分

肌に負担がかかると思われる成分は徹底的に排除することで、

肌への優しさを実現しています。

だらか、フレイスラボ ホワイトVCセラムは、敏感肌の人にも安心して使えるように設計されています。

但し、人の肌はとてもデリケートです。

使用中に肌に異常が現れたときは、すぐに使用を中止して下さいね。

これは、全ての化粧品に対して言えることですね。

また、自分の肌にあわない成分を日頃から注意して見つけておくと、化粧品の選択肢も広がりますよ。

フレイスラボ ホワイトVCセラムの購入サイトは?

フレイスラボ ホワイトVCセラムを購入するなら公式サイトがオススメです。

今なら、公式通販限定の定期コースが大変お得になっています。

フレイスラボ ホワイトVCセラムの購入に関する詳細は
>>【美白が凄い】フレイスラボ ホワイトVCセラムは店舗で購入できる? で詳しくご説明しています。

御覧下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする