高校生の女子でも身長が+5cm伸びた秘密の方法とは?

高校生は成長期のラストスパート、そんなときに身長が思ったように伸びないと心配ですよね。

特に、身長の高さが有利なバスケットやバレーボールなどの部活で活躍するお子さんをお持ちの場合には。

女子の場合、特に小学生のときにぐんぐんと伸びた背も、中学生では男子に抜かれてしまいます。

高校生になってからは思ったほど伸びないように感じているかもしれません。

高校生の女子の身長はどこまで伸びるのでしょうか?

女子高校生の身長を伸ばす方法をご紹介します。

高校生の女子の平均身長

まず、高校生の男子と女子の平均身長をご紹介します。

文部科学省がまとめた平成29 年度学校保健統計からのデータです。

この統計データによると
高校生男子の平均身長は
高校1年生(15歳):168.2cm
高校2年生(16歳):169.9cm
高校3年生(17歳):170.6cm

高校生女子の平均身長は
高校1年生(15歳):157.1cm
高校2年生(16歳):157.6cm
高校3年生(17歳):157.8cm

となっています。

男子が2.4cm以上伸びているのに対して、女子は0.7cm程度しか伸びていません。

女子の中学生時の平均身長の伸びが約5cmであったこと考えるとほとんど伸びていないですね。

つまり、女子の場合は中学生が成長期のラストスパートと言えるかもしれません。

でも、まだ骨が伸びることをやめていなければ身長は伸びる可能性を持っているんです。

20歳まで身長が伸びた人だっていますから。

身長が伸びる仕組み

骨が伸びることをやめないとは?

身長はどうして伸びるのか?

ここでは、身長が伸びる仕組みをご紹介します。

これを知ることによって、身長を伸ばすには何が必要か知ることができます。

そして、まだその可能性が残っているなら、成長をサポートすることで、まだまだ身長を伸ばすことが期待できます。

身長が伸びるのは、体を支えている骨が伸びることです。

つまり、足の骨、背骨が伸びることによって背は伸びていきます。

体の骨は実際には細かい骨が連結してできています。

骨が伸びるということは各骨の両端の連結部分である軟骨が成長して伸びているんです。

骨全体が木のように伸びている訳ではありません。

この成長する軟骨部分を骨端線(こつたんせん)と呼びますが、

骨端線の成長が止まると骨はそれ以上大きくならないので、身長の伸びは停止します。

これを骨端線が閉じると言います。

一般的には、女子は高校生になったころの15歳前後、男子は16歳前後で骨端線が閉じると言われています。

しかし、骨端線が閉じるまで、身長が伸びる可能性があり、それまでにシッカリと成長の環境を整えて上げることが重要です。

高校生の女子の身長を伸ばす3つの基本

高校生の女子は、一般的には骨端線が閉じて身長の伸びがとまる年齢です。

身長の伸びが止まる骨端線が閉じる前に成長の環境をシッカリとサポートしてあげることが重要です。

それでは、高校生の女子の身長を伸ばすための成長の環境を整えるには何が重要でしょうか?

これは、高校生の女子に限ったことではありませんが、

次の3点が身長を伸ばす重要な基本となります。

<女子高生の身長を伸ばす3つの基本>
・睡眠
・運動
・食事

質の良い睡眠をとる

睡眠は時間だけでは無く、質の良い睡眠を取ることが重要です。

骨を伸ばす骨端線は成長ホルモンによって成長します。

成長ホルモンは夜寝ているときに分泌されるホルモンで、睡眠の質と密接な関係をしています。

質の良い睡眠は大人でも難しいことですが、まだ中学生や高校生のうちは、昼間に十分な運動をして、早めに布団に入ることによって十分熟睡できるでしょう。

成長ホルモンの分泌が午前0時から午前2時頃までと言われることがありますが、

これは正しくはなく、いつでも質の良い睡眠が取れれば成長ホルモンは分泌されます。

早い時間に布団に入るということから言えば、あながち間違いではないかもしれません。

適切な運動をする

身長を伸ばすためには、骨が伸びる骨端線に刺激を与えることが重要です。

従って、骨に縦の刺激を与える運動が身長を伸ばすことに良いとされています。

これは、決して難しいことでは無く、通常に走ったり、ジャンプしたりすることによって、十分に重力によって骨に縦の刺激を与えることができます。

中学生や高校生の部活で昼間、運動をすれば、身長を伸ばすために十分な運動と言えます。

ただ、骨端線の成長による骨の伸びを考えれば、単に鉄棒にぶら下がることによって身長が伸びることはないと言えます。

骨の成長を促す食事をする

骨の成長、つまり、骨端線が成長するための栄養を十分にとることが必要なのは言うまでもありません。

骨を構成しているのは、カルシウムとタンパク質です。

骨はカルシウムと思われがちですが、実は建物で例えると中心で支えている鉄骨がタンパク質、鉄骨の周りのコンクリートがカルシウムと言えます。

タンパク質とカルシウムのどちらも骨を構成する重要な栄養素なんです。

また、単にタンパク質とカルシウムをとっただけでは体に吸収することはありません。

タンパク質とカルシウムを体に吸収させるためには、ビタミンCやD、K、Bといったビタミンやマグネシウムなどの栄養素も摂取する必要があります。

運動や睡眠は高校生の活発な時期なら自然と取れるもの、でも、毎日の食事の中でタンパク質やカルシウもビタミンやマグネシウム。。。。。

となると食事のメニューを考えるだけでも大変です。

しかも、高校生の女子ともなると好き嫌いも多くなりますよね。

小さいうちは騙して食べさせていても、大きくなるとなかなかうまく行きません。

そこで、オススメなのが中学生や高校生の成長期に合わせた栄養が摂取できる成長期サポートのサプリメントです。

高校生の女子の身長を伸ばすのにオススメの成長期サプリ

高校生の女子はまさに成長の最終コーナーです。

ここで、身長を伸ばすのに必要な栄養を十分に取ることによって、成長の最後の機会を活用することができます。

そこで、高校性の女子の最後の成長期にオススメな成長サポートサプリメントが「プラステンアップ」です。

プラステンアップは多くの成長サプリの中でも、中学生や高校生に必要な栄養素に特化した成長サプリです。

高校生の女子の場合には、成長の鍵となる骨端線がいつ閉じてしますか分かりません。

骨端線が閉じる前に、プラステンアップで成長の環境をシッカリと作って上げて+5cmアップを目指して下さい。

>>中高生応援サポート飲料【プラステンアップ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする