【ほうれい線注射はリスク?】ニードルパッチは自宅で安心の口元ケア

老け顔に見えるほうれい線を何とかしたい。

ほうれい線へのヒアルロン酸注射があるけど痛みやリスクが心配ですよね。

ニードルパッチなら自宅で安心して口元ケアができますよ。

ほうれい線は老け顔に見せる3大要因

老け顔に見える3大要因って、知っていますか?

・・・

「ほうれい線」、「フェイスラインのたるみ」、「目尻の小じわ」

なんです。

特に、目元、口元にシワやたるみがあると見た目年齢を一気に上げてしまうんですね。

久しぶりに会った友人の老け顔にビックリしたことってありませんか?

その顔を思い出してください。。。

目尻のシワ、クッキリとしたほうれい線、たるんだフェイスライン。。。

でも、実はあなたもそう思われている可能性が高いんです。

毎日見ている自分の顔でも「なんだか最近、老けたなぁ~」って思いませんか?

とすれば・・・・

何年かぶりに会った友人も、あなたの老け具合に驚いているはずです。

特に、口元のほうれい線は典型的な老け顔ですよね。

あるとないとでは5歳から10歳ぐらい違って見えることもあるんです。

ほうれい線へのヒアルロン酸注射はリスク?

ほうれい線のケアで現在、最も速効性があるのが、

クリニックや皮膚科専門医で行われるヒアルロン酸の注射です。

確かに、ほうれい線にヒアルロン酸を注射して膨らませるので、速効性はありますよね。

でも、その分リスクも高いんです。

もちろん、安心できるキチンとした技術のある医師を見つけること第一に重要なことですが、

人によっては、痛み、腫れ、炎症を起こす可能性もあります。

しかし、何よりもほうれい線にヒアルロン酸を注入した結果が、満足のいく顔になるかどうかは、

注入してみないと分からないと言うことです。

失敗したヒアルロン酸を取るためには、ヒアルロン酸を溶解する薬剤を注射して、ヒアルロン酸を溶かさなくてはいけません。

異物が何度も顔の中に入る、リスクと負担も大きいですよね。

また、ヒアルロン酸注射の費用は、クリニックによってピンきりなんです。

入れる量にもよりますが、10万円程度から50万円以上まで、かと言ってあまり安いところも。。。。

また、脱毛のように初回やたら安いのも注意です。

整形は、やりだしたらきりがありませんから。。。。

テレビでCMしているようなクリニックさんは、それなりの信頼はありますが、やっぱり高いですよね。

ニードルパッチなら自宅で安心の口元ケア

そこで、オススメなのが、最近、注目のニードルパッチでほうれい線にヒアルロン酸を自宅で注入する方法です。

ニードルパッチとは、ヒアルロン酸を針状にしてシートに付けたものを肌に貼って、ヒアルロン酸を肌の奥に注入するものです。

ヒアルロン酸の注射と違って、入れるヒアルロン酸の量が違うので、効果は当然違いますが、

自宅で気軽にできること、徐々にヒアルロン酸を注入するので失敗するリスクはありません。

ほうれい線のケアをエイジングケアの一つとして取り入れることで、バランスよく若さを保つことができるんです。

高級な化粧品を使っているのに、効果が実感できない。

かと言って、クリニックでヒアルロン酸の注射はしたくない。

そんな人には、自宅で安心して使用できるニードルパッチによるほうれい線へのヒアルロン酸注入がオススメなんです。

口元ケアにはメディリフト3Dマイクロフィラーがオススメ

ヒアルロン酸注入のニードルパッチとして、オススメなのがヤーマンのメディリフト3Dマイクロフィラーです。

メディリフト3Dマイクロフィラーはほうれい線専用の口元用ニードルパッチです。

ヒアルロン酸は分子のサイズが大きくて、肌には浸透しづらいんです。

そこで、ヒアルロン酸を微細なハリ形状に加工することによって、肌に直接ヒアルロン酸を届けます。

特に、メディリフト3Dマイクロフィラーは角質層までの浸透率が80%です。

一般的なニードルパッチが全長の40~50%なのに対して、無駄なく有効成分を肌の奥までシッカリと届けてくれるんです。

そのため、注入後の肌の水分量は35%もアップします。

たった、1回の注入で、ふっくらとした肌を感じることができるんです。

メディリフト3Dマイクロフィラーを確認するならこちら
>>口元用のニードルパッチ【メディリフト3Dマイクロフィラー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする