【間違ったケア続ける?】スカルプバイオリポセラムのヒト幹細胞によるヘアケア

スカルプバイオリポセラムはヒト幹細胞培養液で髪のトラブルを根本からケアする頭皮美容液です。

今、大注目のヒト幹細胞が従来のヘアケアとは全く違うヘアケアを実現します。

髪のトラブルで長い間悩んでいる方は、特に必見です!

従来のヘアケアの弱点、問題点

従来のヘアケアは頭皮の血行を促したり、頭皮に栄養を与えることで毛髪にハリを与え、抜け毛を防ぐものでした。

頭皮の健康な若い頃には、これでも十分に効果が期待できました。

でも、加齢により劣ってきた頭皮に対しては、これだけのケアでは十分な効果を得ることは難しくなっています。

それは、栄養分の少ない枯れた土壌で花や野菜を育てるようなものなんです。

まずは、ハリのある健康的な毛髪を育てる頭皮環境を整えることが一番重要。

そのためには、単に水や肥料を与えるだけでなく、枯れた土壌を耕して植物が育つ土台を作ることが必要なんです。

そこで、注目されるのがヒト幹細胞培養液を利用した次世代のヘアケアです。

スカルプバイオリポセラムのヒト幹細胞によるヘアケア

スカルプバイオリポセラムは衰えた頭皮環境をヒト幹細胞培養液で根本的なケアを実現する次世代の頭皮美容液です。

ヒト幹細胞培養液とは、人間の幹細胞を培養するときに幹細胞から分泌される分泌液のこと。

幹細胞は様々な細胞に分化できる母細胞なんです。

つまり、未だ詳しく解明されない神秘の生命力をもつ細胞なんです。

このヒト幹細胞が分泌する分泌液には、細胞を活性化する成長成分が豊富に含まれています。

この成長成分が毛髪の育毛スイッチを再び呼び覚ますことができるんですね。

スカルプバイオリポセラムは、従来の失ったものを補うケアではなく、

頭皮の育毛環境にヒト幹細胞でアプローチする全く新しいヘアケアなんです。

スカルプバイオリポセラムが加齢に効果的な3つの特長

スカルプバイオリポセラムの3つの特長は次の通りです。

1.ヒト幹細胞培養液による根本ケア
2.美容成分を頭皮へシッカリと浸透
3.7種類の有効成分の配合

1.ヒト幹細胞培養液による根本ケア

スカルプバイオリポセラムは、従来のヘアケアとは全く違います。

ヒト幹細胞培養液エキスで頭皮の細胞を活性化して育毛環境の根本的なケアを実現します。

加齢により衰えた頭皮から、ハリの有る毛髪が生えるはずがありませんね。

頭皮の細胞を若返らせること、それがハリのある毛髪を生み出す根本的な対策なんです。

2.美容成分を頭皮へシッカリと浸透

どんなに優れた成分でも、頭皮の奥深く浸透しないことには、その効果を発揮することはできません。

皮膚にはバリア機能があり、外部から水や成分が浸透することを防いでいます。

そのため、美容成分を外部から頭皮の奥深くに浸透させることは難しいことなんです。

スカルプバイオリポセラムでは、独自の浸透技術により、美容成分を頭皮の奥深くまで浸透させることに成功しました。

それが、

・リポソーム化
・BIO COMPLEX for SCALP

リポソーム化とは、幹細胞培養液エキスや美容成分をカプセルに閉じ込める技術

このカプセルは人の細胞に似た構造のため、成分を頭皮の隅々まで届けることができるんです。

また、BIO COMPLEX for SCALPとは、毛髪に必要な成分が浸透しやすい頭皮環境を作る成分。

バイオ技術のパイオニアである「コージンバイオ社」と協同で開発した独自成分なんです。

詳しくは、スカルプバイオリポセラムの公式サイトを御覧ください。

3.7種類の有効成分の配合

スカルプバイオリポセラムには、ヒト幹細胞培養液エキスの他にも毛髪に効果的な7つの有効成分が配合されています。

・国産馬プラセンタエキス
・ピディオキシジル
・グリチルリチン酸2K
・トリコラシル
・コエンザイムQ10
・ヒアルロン酸
・パンテノール

どれも、一度は聞いたことのある美容成分ばかりですよね。

スカルプバイオリポセラムの口コミ

スカルプバイオリポセラムはまだ、発売されたばかりなので口コミはまだありませんでした。

口コミが上がってきたら、どんどんと紹介しますので少々お待ち下さい。

スカルプバイオリポセラムは敏感肌でも大丈夫?

スカルプバイオリポセラムの成分を確認すると、肌に刺激のある成分は見当たりません。

特に、敏感肌の人が気になるヒリヒリ感のもとであるアルコールは一切使用されていませんでした。

スカルプバイオリポセラムでは、8つの無添加を実現しています。

<8つの無添加>
・アルコール
・パラベン
・合成香料
・合成着色料
・シリコン
・合成ポリマー
・紫外線吸収剤
・ミネラルオイル

スカルプバイオリポセラムの購入サイト

スカルプバイオリポセラムは楽天やAmazonなどの通販サイトでは、まだ取り扱っていないようです。

また、一般のドラッグストアでは販売されていません。

スカルプバイオリポセラムが購入できるのは公式サイトのみになります。

<スカルプバイオリポセラムの購入はこちら>


スカルプバイオリポセラムの公式サイト

スカルプバイオリポセラムの全成分

スカルプバイオリポセラムの全成分は次の通りです。

肌にアレルギーなどがある方は、気になる成分があるかチェックして下さい。

<スカルプバイオリポセラムの全成分>

水、BG、ヒト脂肪間質細胞順化培養液、ヒトオリゴペプチド-5、ヒトオリゴペプチド-13、ヒトオリゴペプチド-1、プラセンタエキス、ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド、ユビキノン、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、ソルビトール、プテロカルプスマルスピウム樹皮エキス、コハク酸2Na、グルタミン酸、ヒノキチオール、アルギニンHCI、リシンHCI、ロイシン、トレオニン、バリン、ヒスチジHCI、イソロイシン、システインHCI、チロシン、フェニルアラニン、イノシトール、トリプトファン、ナイアシンアミド、パントテン酸Ca、チアミンHCI、ビオチン、シアノコバラミン、葉酸、ピリドキシンHCI、リボフラビン、パンテノール、水添レシチン、フィトステロールズ、レシチン、ダイズ油、グリセリン、水酸化Na、オレイン酸Na、EDTA、マンダリンオレンジ果皮油、アオモジ果実油、グレープフルーツ果皮油、ニオイテンジクアオイ油、メントキシプロパンジオール、PPG-6デシルテトラデセス-30、ペンチレングリコール、1,2-ヘキサンジオール、カプリリルグリコール、フェノキシエタノール

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする